ネットショップの販促用ノベルティを作ろう

人は限定品という言葉に弱い。非売品といわれると喉から手が出るほどに欲しくなります。ノベルティというのは買う人の心を自由自在操ることが出来る、魔法の言葉です。ネットショップでは「○○のお店」で買ったというよりも、ショッピングモールで買ったというお客さんが多い思います。なので、ネットショップではリピーターが付くのが難しいです。そこで、店の名前が入ったノベルティを原点で発売すると、店名の売り込みに効果的ではないでしょか?人は耳で覚えるよりも、目で物事を覚えることのほうが多いといいます。ボールペンであったり、メモ長、マグネットなど気軽に使えるものに店の名前があると、自然と目で店名を覚えてくれるということです。しかし、ただ限定発売しても、わざわざ店の名前入りのものを欲しがる人などいませんので、何かのおまけで付いてくるとか、レビューを書くと貰えるなど、ちょっとしたことでもらえるというにもっていったほうが良いです。レビューを書くだけで貰えるなら、もらっておこうと思う人はたくさんいます。街角のティッシュみたいなものです。もらえるものはもらっておこうと。なので、押し売りではなく、自然とした形でお客様の手元に届くようにするのがポイントとなります。ネットショップを長持ちさせるのはどれだけリピーターが付くかなので、ノベルティはもったいないという意識ではなく、どんどん活用しましょう。

販売促進のためのノベルティのお店

ショップや会社で販売促進やキャンペーンをやる時に効果があるのがノベルティではないでしょうか。ちょっとしたものでも、客側からすると、無料でもらえるものはなんでも嬉しかったりするんですよね。そして、「また利用しようかな」とか思ってしまうものです。というのも、好印象を抱くからじゃないでしょうか。嬉しい、という気持ちは大事です。お客さんを嬉しい気持ちにさせられたら成功だと思いますよ。とはいえ、今はいろんなものがあるのですね。季節のものだとカイロが意外とあるのでちょっと驚きました。確かに外出先でカイロをもらったら、「すぐに使える!」と嬉しいですよね。この、もらったものをすぐに使うというのも大事だと思います。せっかくもらったのに使わないまま放置してある、というものもあると思います。使われなかったりしたらショップや会社のほうも困りますよね。どうせなら喜んでもらえてすぐに使ってもらいたいのではないでしょうか。そのためには季節を意識したものはとってもいいなと思いました。今はみんなもらいなれているということもあると思います。ですから、「こういうものは初めて!」と思ってもらえたら強く印象づけられて効果も期待できそうですよね。